ブログ

Adobe アナリティクス

【レポート篇】Adobe Analyticsのレポート画面を淡々とご紹介【画像】(注)重たいです

Adobe Marketing Cloudのアクセス解析プロダクトである「Reports & Analytics」通称”Adobeアナリティクス” ですが、Googleアナリティクスに比べると利用者も利用機会も見る機会も少ないかと思いますが、アクセス解析ツールとしてシェアの高いツールですし、利用検討にあたって見てみたいという人もいるのでは?と思っています。

 
というわけで、レポート画面のキャプチャを淡々と貼ってみます。
※利用サイトが特定できそうな部分や実数等は読めないように加工しています。

 
また、画像が複数あり、全部を1エントリーに貼るとなかなか表示されなくなるほど重たくなのため、「メニュー」と「レポート」で2つのエントリーに分けました。

 
本エントリーは「レポート篇」です。
「メニュー篇」は以下です。

 
【メニュー篇】Adobe Analyticsのレポート画面を淡々とご紹介【画像】

 
▼主要指標
主要指標

 
▼サイトコンテンツ>ページ
サイトコンテンツ>ページ

 
▼サイトコンテンツ>ページ(ダウンロード)
サイトコンテンツ>ページ(ダウンロード)

 
▼サイトコンテンツ>ページ(表示セグメント)
サイトコンテンツ>ページ(表示セグメント)

 
▼新規セグメント作成
新規セグメント作成

 
▼グラフの設定
グラフの設定

 
▼日付の設定
日付の設定

 
▼レポートスイート選択
レポートスイート選択

 
▼その他
その他

 
▼トレンド
トレンド

 
▼トレンド(表示単位設定)
トレンド(表示単位設定)

 
▼指標の追加
指標の追加

 
▼指標の追加>計算指標
指標の追加>計算指標

 
▼指標の追加>計算指標>新規指標の定義
指標の追加>計算指標>新規指標の定義

 
▼指標の追加(計算指標)
指標の追加(計算指標)

 
▼指標の追加(追加後)
指標の追加(追加後)

 
▼レポート画面(指標の追加後)
レポート画面(指標の追加後)

 
▼検索エンジン(自然)
検索エンジン(自然)

 
▼検索エンジン(自然)×検索キーワード(自然)
検索エンジン(自然)×検索キーワード(自然)

 
▼検索エンジン(自然)×検索キーワード(自然)(設定後)
検索エンジン(自然)×検索キーワード(自然)(設定後)

 


「メニュー篇」は以下です。

 
【メニュー篇】Adobe Analyticsのレポート画面を淡々とご紹介【画像】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

number inc.
代表取締役
渋谷 泰一郎
Taiichirou Shibuya
Analytics Director

TwitterFacebook