ブログ

AWA、LINE MUSIC

AWAとLINE MUSICを使ってみて感じた両者の”戦略の違い”

結論、サブスクリプションモデル(定期購入)にはAWAが合うだろうなと。

 
AWAはプレイリストで聴かせるタイプで、LINEは基本的に個別楽曲で聴かせるタイプ。
で、それはつまり狙ってるところの違いですよねと。

 
かたや音楽好きに高いほうのプラン=月1,000円(プレミアムプラン)、かたやJPOP好きな若者に安いほうのプラン=月500円(ライトプラン)、を取りに行こうとしてるんだろうなと。

 
自分はいずれかを利用するとしたら恐らくAWAのライトプラン360円/月にしちゃいそう。
プレイリストだけ聴ければいいや、と。オンデマンド=検索とかで曲単位で聴けなくとも。
あとプレイリストを作って公開しなくてもいいかな、と。

 
でもLINE MUSICのキャッシュプレイ=一度最後まで聴いた曲たちをオフラインでも聴けるというのはデカいなー。
AWAにはそれが無いのがイタイ。

 
あとそれぞれアプリのホーム画面を見てみると、かたや夜景バックのクラブ感出しながらの洋楽含めたノリノリのプレイリストで、かたや着うた時代からのUIの三代目JSBのMACOの西野カナなわけで。

 
MACOを大好きな彼に送りたいYO、ぷちょへんざ。

 
※LINEという冠が付いている=コミュニケーションツールとして膨大な利用者を要しているLINEと、0からのAWAと、LINEのほうが後発にも関わらずApp Storeのランキング1位&レビュー数もAWAの約3倍。(6/14時点)

 
AWA
iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

 
LINE MUSIC
iPhoneの方はこちら
Androidの方はこちら

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

number inc.
代表取締役
渋谷 泰一郎
Taiichirou Shibuya
Analytics Director

TwitterFacebook