ブログ

google-universal-analytics

【追加訂正有り】【検証】2016年9月末時点でGoogleアナリティクスのキャンペーンパラメータに”本当に”必須な要素は?

■追加訂正更新:2016年9月29日14:30

 

タイトルの件、調べてみました

 
「キャンペーンパラメータとは?」についてはこちら。

 
カスタム キャンペーン
https://support.google.com/analytics/answer/1033863?hl=ja

 
簡単に言うと、URLの後ろにGoogleアナリティクス(以下GA)が認識可能なフォーマット(おまじない文字列=パラメータ)「?utm_ほげほげ」みたいなやつを付け、そのURLが何回読み込まれたか=そのURLから何回サイトに訪問があったかをきちんとGAで計測しましょう、というやつです。

 
そしてGoogleさんはご親切にそのパラメータ付きURLを作るためのツールを提供してくれてます。もちろん無料で。

 
URL 生成ツール
https://support.google.com/analytics/answer/1033867?hl=ja

 
パラメータ各要素には、GAのレポート画面で見る時に「どのキャンペーンの」「どこから来た」といったことが判別できるよう任意の文字列を付けるわけですが、その際に使えるパラメータは以下の5つです。

 
(a)キャンペーンの参照元(utm_source)※
(b)キャンペーンのメディア(utm_medium)※
(c)キャンペーンのキーワード(utm_term)
(d)キャンペーンのコンテンツ(utm_content)
(e)キャンペーン名(utm_campaign)※

 
この中でお尻に※を付けた(a)(b)(e)はURL作成時に必須要素とされていますが、実は(e)のキャンペーン名は無くても機能します。というのを以前衣袋さんに教えてもらいました。で、実際に試しましたが、機能しました。

 
そして先日、またしても衣袋さんがこんなことをTweetしてました。


必須が(b)の参照元(ソース)だけになってるけどホント?動くんか?ん?と。
ということで、試してみました。

 
今回URLの作成には上記衣袋さんのTweetにあるほうの作成ツールを使いました。
(最初に紹介したツールでもどちらでもできあがるものは同じなので関係ありませんが)

 
Campaign URL Builder
https://ga-dev-tools.appspot.com/campaign-url-builder/

 
ここからは作って使ってみて「いけたか」「いかなかったか」を淡々と書いていきます。
ただ、前もってお伝えしますと、全パターン検証するほどの忍耐力が無かったため、ほどほどにしました、すみません、中途半端で。

 
いきなり結論出ますが、さっそく本丸の、
(1)参照元(ソース)のみ
から。

ソースのみ

 
上記のように入力して、
http://nmbr.jp/blog/2016/09/28113014.html?utm_source=testSource
こんなURLができました。
さっそく叩いてみます。
capd20160928163138

 
はい、ダメでした。【追記訂正】大丈夫でした。翌日標準レポートで確認したところ、ソースだけでいけました。
メディアはnone、ソースがdirectと、まったく機能していないパターンです。
本丸の結論としては、ソースだけだと機能しません。
Campaign URL Builderは嘘つきですw
他の必須要素に※を付け忘れたんでしょうか。
ツールの仕様変更にヘルプやサポートツールのアップデートがついてってないGoogleさんあるあるですかね。

 
ついでなので一応他のも。

 
(2)参照元(ソース)+キャンペーン名
http://nmbr.jp/blog/2016/09/28113014.html?utm_source=testSource&utm_campaign=testCampaign

 
叩いてみました。
ソース+キャンペーン

 
はい、ダメでした。次。【追記訂正】大丈夫でした。翌日標準レポートで確認したところ、いけました。

 
(3)参照元(ソース)+メディア
http://nmbr.jp/blog/2016/09/28113014.html?utm_source=testSource&utm_medium=testMedium

 
叩いてみました。
ソース+メディア

 
はいキタ、メディア神。
やっぱりソースとメディアがあれば機能します。次。

 
(4)参照元(ソース)+コンテンツ
http://nmbr.jp/blog/2016/09/28113014.html?utm_source=testSource&utm_content=testContent

 
叩きます。
ソース+コンテンツ

 
ダメでした。はい次。【追記訂正】大丈夫でした。翌日標準レポートで確認したところ、いけました。

 
(5)参照元(ソース)+キーワード
http://nmbr.jp/blog/2016/09/28113014.html?utm_source=testSource&utm_term=testTerm

 
タタキます。
ソース+コンテンツ

 
はい、ダメ。期待を裏切らない結果。次。【追記訂正】大丈夫でした。いけました。

 
(6)メディアのみ
メディアのみ

 
ツールでは作らせてくれなかったので、自分でカキカキ。
http://nmbr.jp/blog/2016/09/28113014.html?utm_medium=testMedium

 
叩きの儀。
メディアのみ

 
はい、ダメ。(3)で神対応だっただけにちょっと期待したのに。次。

 
(7)キャンペーンのみ
http://nmbr.jp/blog/2016/09/28113014.html?utm_campaign=testCampaign
(これも作らせてくれないので手作業で)

 
半ば諦めの叩き。
キャンペーンのみ

 
もちろんダメ。
はい、終了。だいぶ頑張った。

 

まとめ

日本時間2016年9月28日時点で必須な要素は、

 
(a)キャンペーンの参照元(utm_source)※
(b)キャンペーンのメディア(utm_medium)※

 
でした。完

【追記訂正】Campaign URL Builderの通り、ソースだけあれば大丈夫でした。Googleさん大変失礼いたしました。

 
検証結果一覧

 

【追加訂正パート】翌日の標準レポート

GA標準レポート

本稿の検証以外でもちょろちょろチェック作業してしまっていたので(緑枠および緑字部分)、参照元(ソース)に「google」とか「test」とかありますが、こちらで任意に付けたものです。
赤枠および赤字部分が本稿検証によるものです。

 
キャプチャは「参照元/メディア」×「キャンペーン」(セカンダリディメンション)ですが、セカンダリディメンションを「コンテンツ」や「キーワード」に変えて確認しましたが、いずれも「参照元(ソース)」さえ指定できていれば機能しているようでした。

 
 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

number inc.
代表取締役
渋谷 泰一郎
Taiichirou Shibuya
Analytics Director

TwitterFacebook